DWG互換CADとは

お金DWG互換CADというのは図面作成ソフトフェアの一種であり、アメリカの企業が手掛けている本家本元の図面作成ソフトフェアのデータ形式DWGに対応しており、DWGデータの編集作業を行うことが可能です。中国の企業のもののほか、ドイツやフランス、ベルギーの企業が手掛けたDWG互換CADソフトウェアがあります。本家本元の図面作成ソフトウェアを使用するのではなく、DWG互換CADソフトウェアを使用する意味はどこにあるのでしょうか。

この点に関してですが、本家本元の図面作成ソフトウェアは決して安くないというのが理由のひとつです。製品の種類にもよりますが、本家本元は使用可能な機能を少なくして価格を抑えている軽量版とフルに機能を使えるかわりに価格が高くなっている通常版があります。通常版は企業の希望小売価格で1ヶ月22,000円ほど、1年間で170,000円ほどです。2年間では340,000円ほど、3年間では510,000ほどかかります。

一方、DWG互換CADソフトウェアは、安いものでは52,000円ほどからあります。本家本元の図面作成ソフトウェアは高くてとても手が出ないという人で、DWG互換CADソフトウェアであれば購入できるという多くの人に選ばれているのです。ただし、DWG互換CADソフトウェアは本家本元の図面作成ソフトウェアと異なる点もあります。低価格であることだけで購入するDWG互換CADソフトウェアを決めてしまうのではなく、本家本元の図面作成ソフトウェアや各社のDWG互換CADソフトウェアの違いをよく比較して導入するものを決めましょう。

関連リンク【https://www.graebert.jp/arescommander/
└DWG互換CAD「アレス」の製品概要です。